堀江情報

4時までランチOK!ヴィーガンなジャマイカ料理 base island kitchen & 焼き菓子工房

投稿日:

久々の大阪、堀江情報です。
今日は高頻度でランチに訪れる店の一つ、baseさんをご紹介します。

場所は北堀江1丁目、長堀通りから2本南、四ツ橋筋からも2本西に入った道沿い。北堀江の1丁目はオレンジストリートがある南堀江に比べて観光客が少なく、小さな会社や事務所が多い地域。そんな一画にある小さなお店が、ヴィーガンなジャマイカ料理を食べさせてくれる、baseさん。ジャマイカの国を模した看板が目印です。

 

base Island kitchen(ベースアイランドキッチン)&焼き菓子工房

中はカウンターのみで8席ほど。リピーターはもとより、ネットで事前に調べて足を運んだ外国人観光客でいっぱいになることも。

狭い店内に、英語やフランス語、中国語など様々な言語が飛び交います。初めてでも店主の松本琴美さんは気さくに話しかけてくれます。初対面の客同士で話が盛り上がることもしばしば。ランチなのに、バーに来たような雰囲気を味わえるかも。

何時でもランチを食べられるようにと、16時までの間ずっとランチが食べられます。お昼に出るのが遅い個人事業主が多いこの地域、ほんと重宝しますよね。

 

ヴィーガン?ジャマイカ料理?

baseの売りは、”ヴィーガン”と”ジャマイカ料理”。

ヴィーガンとは、ベジタリアンとは違い、野菜だけでなく、さらに卵、牛乳、チーズなどの乳製品、はちみつ、魚、動物由来のたんぱく質を一切食べないという考え方。

とはいえ、baseの人気メニュー、ジャークチキンやジャークポークはちゃんと本物のお肉です。ガッツリお肉好きは迷わず選んで。

一方、付け合わせとなるタパスや、デザートなどには、一切、肉・卵・乳製品は使われていません。

さらにパン以外はグルテンフリー。ブイヨンやお醤油など、小麦を含むことを忘れられがちな調味料も使わない徹底ぶり。小麦粉アレルギーの方も、パン以外のメニューを選べば安心して食べられますよ。

ですが、出てくるメニューは、厚揚げやおから、湯葉などを駆使し、肉が入っていないことを全く感じさせません。

私、琴美さんが毎日ごはんを作ってくれるなら、気づかないうちにヴィーガンになってる気がする…。

 

人気のメニュー、ジャークチキン

baseで一番人気なのは、ジャークチキンのプレート。ごはんとたっぷり野菜のサラダ 平日ミニドリンク付きで900円

後ろの方にうつっているベジタパス2種類付きは、ジャークチキンデラックス。お好きなタパスを2つ選べて1300円(平日ミニドリンク付き)

ジャークチキンの味の決め手はスパイスとタイム、隠し味には赤味噌!なのだそう。とはいえ、そんなにクセがあるわけでもなく、サッパリしていて日本人の口に合います。

サラダの野菜はいつもシャキシャキで、たまに普段食べないような変わった野菜も入っていて、自家製のドレッシングがまた美味しい!

 

ベジカジュアル

私が行くと頼むのはこのベジカジュアル。

好きなベジタパスが3種類選べて、900円。4種選んだら1200円。

定番も多いけど、いい野菜が入ったから、とか、暑くなってきたから、とか、気温や季節にあわせた限定メニューも多く、毎回悩みます…。選びきれないときは4種にランクアップ。写真は選びきれなくてランクアップしたときの写真(笑)

写っているのはスープカレーと、キャロットラペ、きゅうりと湯葉のナムル??と、厚揚げドッグ、かな?違ってたらごめんなさい。

出てきた瞬間は足りないかな?と思うけど、食べ終わると何故かしっかりお腹がいっぱいになります。噛み応えがあって、しっかり噛むからかもしれない。

ベジタパスの中でも、私のおすすめは、アボカドと久米島天然塩もずくのヴィーガンナゲッツ、ジャーク厚揚げ、長芋ステーキヴィーガンチーズソース。あと、キッシュはボリュームがあって食べ応えがあります!

 

米粉とおからのヴィーガンケーキ

米粉やおからから作られたケーキは、卵・乳製品はもちろん、はちみつなど、動物性の材料はいっさい使われていないため、卵や小麦、牛乳アレルギーの人でも安心して食べられます。
白砂糖はいっさい使わず、甘味はてんさい糖やメープルシロップ、甘酒など、自然由来のやさしい甘みをもつものを使っています。

毎日、店主が思いつきで、おしゃれで美味しいケーキを作っているので、行くたびにラインナップが違います。甘さ控えめのちょっと大人の味が多いので小さなお子さんには甘めのものを選ぶといいかも。私の個人的なおすすめは、スイートポテトプティング。さつまいもとレーズンの甘さがあいまって、結構しっかりとスウィートな感じでお子さんにも喜ばれると思いますよ。ケーキのお値段は、450円~500円。

チョコタルト。でも思っているような甘さではありません。中は豆乳クリームでまろやかな感じ。

キャロットケーキ。レーズンの甘さが効いてます。上は豆乳クリーム。やさしい甘さ。おからで作っているので、食感がちょっともさもさします。

そのほかにも、多いときには5、6種類揃っているので、お好みのものを探してみてください。テイクアウトOKです。

 

他にも・・・

野菜のパティで作ったクラフトバーガーや、ジャークポーク、ピタサンド、サラダランチなど、色々なメニューがそろっています。

ベジタリアンやヴィーガンな人はもちろんのこと、ちょっと胃が重いな~とか、体に優しいものが食べたいなぁってときは、特におすすめ。がっつり食べたつもりが体に優しいって最高です。

 

information

〒550-0014 大阪市西区北堀江1-16-27
営業時間:11時半~17時(16時オーダーストップ) 火曜定休。(火曜や夜間は、ほかのお店が営業しています)
地下鉄四つ橋線四ツ橋駅、徒歩2分。

Facebookはこちら

  • この記事を書いた人

ハマグチ

趣味はメダカ(魚全般)、植物、剣道、キックボクシング。元システムエンジニア。 見えないと言われるけど本当は内向的な一児の母、アラフォー。

-堀江情報
-, ,

Copyright© TUKTUK  , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.